東京23区の葬儀

東京23区の葬儀

お葬式での男性の髭や女性の濃いメイクは失礼か?

今やファッションとしてもすっかり定着している男性の伸びた髭や女性のギャルメイクやネイル、派手な金髪など。街を歩けばド派手なファッションに身を包んだ多くの若者を目にするはずです。人によって賛否両論ある男性の髭や女性の濃いメイクなどは、はたして葬儀という場では失礼にあたるのでしょうか?

まず男性の伸ばした髭ですが、葬儀の際でも失礼にあたらないという意見が多いです。「逆に個性があって良い」や「冠婚葬祭の度に髭を剃るのはいかがなものか?」といった意見が多いです。葬儀のマナーとしても男性の髭に関しては特に記述はされていないことが多いので、基本的には無精髭でなければ大丈夫なようです。

では女性の濃いメイクはどうでしょう?こちらもあまり葬儀の場合でも失礼にあたらないという見方が多いです。「いくらお葬式でも化粧を薄くしたら誰だか気付いてくれない」といったギャルメイクならではの意見もありました。こちらもやはり葬儀のマナーとしては特に問題がないようです。

ただしネイルやマニキュアに関しては落とすのが通例です。一般的な葬儀のマナーとしてもマニキュアは失礼にあたります。葬儀の最中はお焼香や読経など手を目にする機会が多いですのでしっかりと落としてから参列しましょう。

男性の髭や女性のメイクなど賛否両論あると思いますが、葬儀は親族を始め多くの人が集まる厳粛な場ですので、場をわきまえ、あまり派手な格好をしない方が無難です。あくまでこれらの意見は一般的な意見であり、葬儀という場ですので常識の範囲で程々にということが大切です。くれぐれも格好や身なりで周りの人に悪い印象を与えたり、不愉快にさせないようにしましょう。格好つけるよりも気持ちを大事に参列することが大事です。

<ご参考:葬儀斎場(東京都23区内)>
大田区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
港区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
目黒区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・代々幡斎場・臨海斎場を利用する事が多いです。
品川区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
世田谷区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・代々幡斎場・臨海斎場を利用する事が多いです。
文京区の方は、火葬場併設の落合斎場・町屋斎場を利用する事が多いです。
杉並区の方は、火葬場併設の堀ノ内斎場を利用する事が多いです。
渋谷区の方は、火葬場併設の代々幡斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
新宿区の方は、火葬場併設の落合斎場を利用する事が多いです。
中央区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・町屋斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
千代田区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・町屋斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
練馬区の方は、火葬場併設の堀ノ内斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
板橋区の方は、火葬場併設の戸田葬祭場を利用する事が多いです。
足立区の方は、火葬場併設の町屋斎場・戸田葬祭場を利用する事が多いです。
北区の方は、火葬場併設の町屋斎場・戸田葬祭場を利用する事が多いです。
葛飾区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。
中野区の方は、火葬場併設の落合斎場・堀ノ内斎場を利用する事が多いです。
豊島区の方は、火葬場併設の落合斎場を利用する事が多いです。
荒川区の方は、火葬場併設の町屋斎場を利用する事が多いです。
台東区の方は、火葬場併設の町屋斎場を利用する事が多いです。
墨田区の方は、火葬場併設の町屋斎場・四ツ木斎場を利用する事が多いです。
江東区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。
江戸川区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。

【公営斎場プランがご利用になれる地域】
■ 東京23区内の葬儀

 

Calendar