神奈川県・川崎市の葬儀

神奈川県・川崎市の葬儀

葬儀業者のアルバイトを通して学んだこと

世の中には様々な職業があります。珍しい職業というのも結構あります。私の友人は葬儀業者でアルバイトをしております。そんな葬儀業者でアルバイトをしている彼女の話はかなり興味深いです。

まず私は葬儀業者というのは遺体を扱う特別な職業というイメージがあり、アルバイトを雇っているというところに何より驚きました。アルバイトと言っても葬儀業者は遺体を扱う厳粛なお仕事ですので、時給も高いのだろうと思っていたら、むしろ安いと言っていました。これは一般的には分かりませんし、彼女の業者だけかもしれませんが、彼女のところはかなり安いとのことです。しかも葬儀自体が一般的に土日に集中するため、平日はほとんど仕事がなく、あまり稼げないと言っておりました。

彼女の仕事は斎場の準備や後片付け、案内や式の司会進行もたまにやると言っておりました。斎場の設営は意外と力仕事であったり、また悲しみで泣き崩れている遺族の方々を案内するのが心苦しくて声をかけづらい時もあるそうです。想像以上に精神的にも体力的にも辛いところがあるとのことでした。

葬儀は高齢者の式が多いらしく、式の最中進行をしながらも彼女自身、自分の祖父母を思い出し、もらい泣きをすることもしばしばあるらしいです。また、たまに自分と同世代の方の式があったりすると、周りの参列者の雰囲気がいつもよりも重く、精神的にも辛いとのことでした。

そんな葬儀業者というアルバイトを通して彼女は、故人一人ひとりにそれぞれドラマがあって、たくさんの家族、親戚、友人が悲しんでくれて、それを見ていると命の大切さや尊さを大いに学ぶと言います。なので、どんなに辛くても、自身を失くしてしまった時でも自分にはたくさんの人が付いてくれていると思うと前向きになれると言います。確かに我々は死別というものに普段出会う機会がほとんどないです。こういった人との別れに立ち会える職業を通して彼女はすごく大切なことを学んだのかもしれません。

<ご参考:葬儀斎場(川崎市)>
幸区・川崎区の方は、火葬場併設のかわさき南部斎苑を利用する事が多いです。
麻生区・多摩区・宮前区・高津区・中原区の方は、火葬場併設のかわさき北部斎苑を利用する事が多いです。

【公営斎場プランがご利用になれる斎場】
     
     

 

Calendar