任意売却までの流れを知る

任意売却までの流れを知る

住宅ローンの返済が困難となり任意売却を行わなければならなくなった場合、任意売却の流れを知っていると非常にスムーズに事を進めることができます。
良くわからないからといって債務を放置してしまうと、競売に掛けられてしまうためできるだけ迅速に行動に移すことが大切です。

1.任意売却業者に相談する 任意売却を検討し始めたらまずは、任意売却業者に相談にいきましょう。そこで、債務の状況や生活状況などを話し合い今後のスケジュール等を決定します。

2.物件の査定 任意売却業者を決定したら、次に売却の対象となる物件の査定を行います。この際、現在の相場や直近の事例などをしっかりと聞いておきましょう。

3.専任媒介契約を結ぶ 専任媒介契約を結ぶことで任意売却業者は正式に債務者の代理人として債権者と交渉を行うことができるようになります。

4.物件の売却 債権者との交渉が完了したら、物件の売却を行うことになります。物件の売却には、新たな買主をみつける必要があるため、期間や条件の変更などがある可能性もあります。

5.売却代金の返済 物件の買主が見つかり売却が完了したら、売却によって得た代金を返済に当てることになります。
また、同時に任意売却に必要となった費用の支払いなども行われます。


競売にかけずに任意売却をおススメします

私は以前住宅ローンをかなり滞納してしまい、強制的に競売にかけられそうになしました。競売にかけられてしまうとかなり相場より低い金額で売却されてしまいます。
しかも情報を公開されるので、近所にも知られてしまいます。 競売だけは絶対に避けたいと思い、行政書士のところへ行って相談しました。
すると、任意売却という方法があるとアドバイスをくれました。任意売却は競売と違ってかなりのメリットがあるらしいことが分かりました。 まず、相場に近い金額で売却できること、引越し費用をねん出することが出来る、住宅ローンの残債の返済の仕方を交渉することができる、などです。 私は任意売却することを決意し、すべて行政書士さんにお任せしました。 行政書士さんは銀行との間に入って任意売却の交渉をしてくれました。3カ月くらいはかかりましたが、買い手がつき無事任意売却することが出来ました。 競売の通知が来ても、慌ててて応じることはありません。
一度専門家に相談することをおススメします。

【東京都23区】
任意売却 千代田区/ 任意売却 中央区/ 任意売却 港区/ 任意売却  新宿区/ 任意売却  文京区/ 任意売却 台東区/ 任意売却 墨田区/ 任意売却 江東区/ 任意売却 品川区/ 任意売却 目黒区/ 任意売却 大田区/ 任意売却 世田谷区
任意売却 渋谷区/ 任意売却 中野区/ 任意売却 杉並区/ 任意売却 豊島区/ 任意売却 北区/ 任意売却 荒川区/ 任意売却 板橋区/ 任意売却 練馬区/ 任意売却 足立区/ 任意売却 葛飾区/ 任意売却 江戸川区
【東京都下(町村部)】
任意売却 瑞穂町/ 任意売却 日の出町

Calendar