無宗教葬でよく利用される楽曲について

無宗教葬でよく利用される楽曲について

葬式というものは、その形態を時代により変えつつあります。

近年大きな変化として注目されているのが無宗教葬というものです。無宗教葬というものですが、実際に多くの方が利用しています。

無宗教葬というわけですので、楽曲を流しながら葬儀を行うことになります。その無宗教葬ですが、よく利用される曲というものをしっかりと確認しておきましょう。

その無宗教葬に利用される曲ですが、もっとも多いのがクラシックです。オーソドックスなものになりますので、利用しやすいというメリットがあります。また、無宗教葬につきましては、ポピュラーなポップスなども使用されやすいです。

無宗教葬は以上のように、だれでも知っている曲が利用される機会が多いということは知っておくべきです。

無宗教葬は演出が大事、「山場」を作るのがコツです

無宗教葬は最近行われるようになった葬儀スタイルですから、伝統的なしきたりのようなものはありません。葬儀社などでは無宗教葬の「雛形」を用意しているところもあるようですが、そのような葬儀社を利用する場合でも、「こうしたい」という要望を積極的にアピールして、より故人にふさわしい無宗教葬にすることをお勧めします。

スタイルは自由ですから、音楽の種類も故人の好みに合わせればいいわけです。ただ音楽の使い方には、工夫をすべきだと思います。最初から最後までただBGMとして音楽を流すだけでは、無宗教葬にする意味が希薄になってしまいます。

葬儀には流れと「山」があります。ですから「開式の時はこのBGM、献花の時にはこの曲」というように、細かくプログラムを考え、後半に「山」をもってくる。「山」はできれば生演奏が理想でしょう。そこが無宗教葬のメインになるわけです。

最後が出棺。これが最後の、そしてもう1つの「山」です。これも生演奏が理想ですが、たとえば故人が楽器を演奏する趣味のある人だったら、出棺時に本人の演奏の録音を流すといった演出も考えられます。最高の「葬送曲」になるでしょう。

自由に行えるだけに、真剣に構成を考えた場合と、葬儀社の雛形をなぞるだけの場合とでは、その印象に天と地の差が出てしまうのが無宗教葬だといっていいかもしれません。

弦楽四重奏やピアノの生演奏というケースもありますが、たとえば遺族がアコースティックギター1本で送るというスタイルも、すてきな無宗教葬と言っていいと思います。もちろん、ロックでも演歌でもかまいません。それが無宗教葬なのです。


自己破産 横浜市 自己破産 青葉区 自己破産 旭区 自己破産 泉区
自己破産 磯子区 自己破産 神奈川区 自己破産 金沢区 自己破産 港南区
自己破産 港北区 自己破産 栄区 自己破産 瀬谷区 自己破産 都筑区
自己破産 鶴見区 自己破産 緑区 自己破産 戸塚区 自己破産 保土ヶ谷区
自己破産 西区 自己破産 中区 自己破産 南区 自己破産 川崎市
自己破産 麻生区 自己破産 川崎区 自己破産 幸区 自己破産 高津区
自己破産 多摩区 自己破産 中原区 自己破産 宮前区

Calendar