病院以外の死亡

病院以外の死亡

自宅の急死や不自然な死の場合の対処

亡くなる瞬間というと、想像するのはたいてい病院のベッドの上で、医師から臨終を告げられるといった場面がほとんどのように思えますが、当然ながら必ずしもそうとは限りません。自宅で急な発作であっけなくという場合や、事故であったり火事に遭ってしまったり、もしくは自殺や他殺など、いろいろな場面があります。

考えたくはないことですが、いつだれに何が起こるかわからないものです。もし家族にそんなことが起こったらどうしたらいいのでしょうか。警察を呼びます。そんなの当たり前だろ!と言われそうですが、分かってはいることでも、とっさの状況では頭の中が真っ白になりパニックになってしまうものです。

不自然な死でなくとも、加療中でない急死などの場合も、病院が休みだったりするならまずは警察に電話をして警察医に見てもらうようにします。どちらにしろ死に際に医師が立ち会えなかった場合には、警察を呼んで検視を行ってもらわなくてはいけません。警察の検視が済むと、病院で亡くなった場合に医師から書いてもらう“死亡診断書”に代わって、“死体検案書”というものが交付されます。

それまでの間、遺体を触ったり動かすことはしてはいけないそうです。たとえ老衰死であっても、死因を知るために警察医による死体検案が行なわれることがありますし、警察の取り調べがあったり、不自然な死のときには行政解剖に回されたりして葬儀までは時間もかかる場合があるようです。

他殺の疑いのある場合には更に司法解剖に進むそうです。死体検案書や死亡診断書をもらったら、葬儀社に遺体の搬送やエンゼルケアをしてもらうという流れになりますが、亡くなったときの状況によってはすぐにドライアイスや棺が必要になることもありますので、その場合には医師や警察の指示を仰ぐことになります。

身近な人の死というのはそれだけでショックなものですが、他殺や自殺などの死に方をされた場合にはその胸中は計り知れません。しかし、冷静に判断して行動しなくてはいけないのです。できることなら遭遇したくはないと願うばかりですが。

Calendar