献体

献体

自分の身体を役立てる希望の選択肢、献体

自分の死をもって誰かの役に立ちたいという希望のひとつに、献体という選択肢もあります。献体とは、医科大学や歯科大学、大学の医学部や歯学部での解剖学の研究に遺体を提供することです。医学の発展や医師の育成に自分の身体を役立ててもらおうと思う意思のある人が提供を希望するものではないでしょうか。

解剖と想像するだけで、なかなか提供を希望しようと思うには至らないものですが、そういった提供者があってこそ医師は育つわけですし医学の発展も遂げてきたものなのでしょうから、とても尊い行為だと思います。献体に提供しようと思う場合は、献体篤志家(とくしか)団体(献体の会)または大学の医学部や歯学部に生前に申し込みをします。

電話などで問い合わせをして申込書を請求し、必要事項を記入・捺印し、郵送します。その際、必ず必要なのが肉親の同意です。本人の意思があるからといって、必ずしも本人の死後、献体が実行されるわけではないのです。遺族の中に一人でも反対の人がいれば献体は実行されることがなく、その遺志が生かされないことにもなりかねないのだそうです。

せっかくの尊い意思ですが、やはり家族の気持ちというのもそこには存在します。いくら本人の望みとはいえ自分の体は自分だけのものではないものですから、大切に話し合って結論をだしていただきたいものです。さて、献体の場合の葬儀についてですが、通常の葬儀と何も変わる事なく行えます。ただし、出棺したのち、通常は火葬場に向かい火葬を済ませますが、献体希望の場合には出棺のあとに献体に向かうということになります。

遺族のもとには大学から遺骨となって戻ることになりますが、戻るまでには1~2年、または3年以上かかる場合もあるそうです。その理由としては、まず

1.防腐処理等の解剖準備期間として3~6ヶ月程度 

2.実際の解剖学実習期間として通常3~7ヶ月程度 

3.実習は大学ごとに決められた時間割によって行われるためその年の実習に間に合わない場合には翌年の実習まで保管されることになるため 

4.その他、おあずかりしている遺体の数の状況によって返還までの期間が変わる ということだそうです。

この点についても家族によく理解を深めておいてもらわなくてはなりませんね。

Calendar